2008年04月28日

要は自分次第


カンブリア宮殿を見ていて、某社長が語った言葉。
「世の中に面白い仕事とつまらない仕事があるわけじゃない。
 その仕事を面白いと思う自分がいるか、つまらないと思う自分がいるかだ。」


何でもかんでも好きなようにやっていけるわけではない。
時にはつまらないことだってしなくちゃいけない。
そのつまらないことから1つでも吸収しようと思えば
自ずと面白くなることなんてざらにある。


事務処理にしても、泥臭い作業にしても
つまらないと思って、ただただこなす人と、
何かを学ぼうとしてこなす人との間には差がでます。

確実に。

この意識の差は、本当にでかいよ。


事実、そういう人を目の当たりにしてきたし、
自分自身もそうして多くのことを学んできたと自負してる。

だから、仕事で特段文句もいうことはなくなった。

自分の仕事に対するスタンスの1つになっています。それにしても違和感を覚えたのは、
いかに他人のモチベーションをあげるか?を説いていたが、
個人的には賛同できなかった。


モチベーションは他人にあげてもらうものじゃない。
外から感化されたモチベーションなんて、
上がるのが早いことと同様、下がるのも早いもんだ。


そうではなくて、いかに自分自身で、
モチベーションをコントロールできるようにするか?
そのマネジメントを諭すことが大事だと思います。

もっといってしまえば、
モチベーションが下がったときに、
下降している状態にいかに気づき、(その原因は何か?)
上げるためには何をすべきか?(解決策は何か?)
これを全て一人称で解決できるようにすることこそが
大事なんだと思います。


posted by N-4 at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。