2008年02月08日

「人形町 今半」 カフェ・レストラン巡り



冬真っ只中。
とても寒い日が続く、そんなときは温かい鍋を!
ということで、「人形町 今半」に行ってきました。

入店前からお醤油と砂糖が混在した
食欲をそそるなんともいえない香りが漂う。


しゃぶしゃぶもあったけれど、
今半といえばすき焼きのイメージが強い。
ということで、先付けなどがついたすき焼きコースを注文。


まずは先付。

20080208203453.jpg

お皿も形、色合いがとてもいい。
その上に湯葉、松前付け、鯛の刺身、お豆腐、茶碗蒸し
そして極めつけは牛握り。

鯛は身がぷりぷりしていて食べ応えがあった。
牛握りは脂っこくなくて、それでいて食感はトロのよう。
複数種類を豊富に食べられるのが嬉しい盛り合わせです。


先付を食べ終わるとお待ちかね、
すき焼きの登場。

秘伝のたれと昆布汁を適宜足しながら温める。
温まったら具を入れていく・・・
その前にお肉だけまずは食べなさいといわんばかりに
店員さんがテキパキと準備をしてくれる。

ちなみにお肉は15cm四方以上の特大サイズで
脂がきれいに霜降りになった和牛。

20080208210703.jpg


お肉はうっすらピンク色のままがオススメといわれ、
言われるがまま溶きたての卵に入れていただきました。
まぁ、いうまでもなくおいしい。

その後は適当に野菜、豆腐、おふ、お肉を交互に食べる。
ちなみにご飯と、卵はお代わり自由。
それに、卵をご飯にかけて召し上がっても結構だとか。


お肉は前述のとおり大きくて、
野菜類は意外と量が少ないように感じました。
でも、すき焼き自体味が濃いほうなので、
食べているうちに野菜も実は適量だと感じました。


名店だとはいえ、それほど畏まる必要もなく
意外と親しみを感じる雰囲気でした。

これだけ食べて、一人\8,000程度でした。


posted by N-4 at 21:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ・レストラン巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。