2008年08月16日

ZED (CIRQUE DU SOLEIL)




東京・舞浜の東京ディズニー・リゾートに新たにできた
CIRQUE DU SOLEIL Theaterで「ZED」を観賞してきました。


CIRQUE DU SOLEIL 1.jpg


正式なオープン自体は2008.10.1ですが、
トライアウト公演と称して、若干の割引価格で
観賞する事ができました。

このCIRQUE DU SOLEILには本当に魅了されていて、
新しい演目が定期的に日本で行われますが、
ここ最近は毎回のように見に行っています。


以前LAS VEGASに行ったときには
条件が合わずに見られなかったけれど、
いずれは「O」や「KA」を見に行きたい。


話は戻って、日本にやってくる演目は
世界中を興行している一環に過ぎないのですが、
今回舞浜で新しくオープンするTheaterで始まる「ZED」は
世界中でここだけでしか見られない新しい演目。

その内容は…


見てのお楽しみということにしておくので
詳細は控えることにしますが、
演目自体は本当に彼等の素晴らしさが凝縮されていて、
終始引き込まれるものでした。


最も凄かったのが一本のロープ上で
繰り広げられるパフォーマンス。

驚きの声に留まらず、悲鳴が上がるほどの強烈で
まさに圧巻の一言でした。
思わず「うわっ!」という声が出ます。


それ以外にも、やはり彼等のよさは音楽自体が
生演奏で臨場感がたまらない、
そして歌唱力抜群の歌手とともに舞台で行われる
あのパフォーマンスがいいです。


それから舞台自体も特設のものではなく
今回晴れて専用のTheaterができたことで
席もゆったりで見やすく、いい環境になってます。


今回座ったのは前から12列目で
真中のクラスのものでしたが、
最上のクラスとは違い全体を俯瞰するには
もってこいだったので、これも楽しめた要素です。


若干不満を覚えたのは演目ではなく運営に。
会場時間にTheaterに入ることはできましたが、
観賞席に入る施設内の扉は開演15分前ぐらいまで
開かなかったので場内で人ごみができる始末。

そして彼等の公演はいつも休憩を挟みますが、
原宿の特設劇場とは異なり、アナウンスなどの周知がなく
終わりが何時までかわからないし、休憩時間も何分間で
何時に再開かがわからないので非常に過ごしにくい
休憩時間でした(案の定30分程度でしたが)。


まぁ、トライアウト公演であるから
本番になったら変わることを期待しています。

トライアウトとはいえ演目自体も、パフォーマーの
動きの連動性にずれが2、3回見られる部分がありましたが
特にそれも気にならないレベルで、まさに彼等の質の高さと
ストーリー性のあるエンターテイメントがこれでもか?と
いうほど詰まった素晴らしい作品だと思いました。

彼女と一緒に見に行きましたが、彼女は
「これまで見た作品で一番良かった」と絶賛していました。

ちなみにカーテンコールでは拍手の雨でしたが、
そこで一番驚いた光景が見られました。
それはアメリカではなくこの日本でなんと
スタンディングオベーションが起きました。

これには本当に驚かされました。
確かに衝動としてそのぐらいの感動がありましたが
まさかそれを自然発生的に日本人がするとは...



一度も見たことがない人も、ファンの人も
見るだけの価値がある素晴らしいショーだと思います。

CIRQUE DU SOLEIL 2.jpg


ラベル:Cirque du Soleil ZED
posted by N-4 at 23:44| 東京 🌁| Comment(32) | TrackBack(6) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。