2008年07月06日

「1分間マネジャー」 書籍






7月になり、今年も新入社員が各部署へ配属となった。
昨年に引き続き、今年もウチの担当へ一人新人が加わった。
僭越ながら、自分はトレーナーという役割を与えられた。

弊社ではこのトレーナー制度は昨年から始まった。
自分が入社したときにはなかった制度ではあるため、
「そこまで手厚くしてやるものなのか?」などと、
会社の方針とはいえその制度に当初過保護さを感じてはいたが、
冷静に考えてみれば、その考え方自体には賛同できる。



では、自分はどう望むのか?

考えはあるものの、なかなかまとまりがつかないため
引き出しも増やす意味で上記の書籍を読んでみた。

当たり前といってしまえばそれまでではあるが、
これに書かれていることは基本的なことばかりである。
物語調で話が展開され内容もわかりやすいものとなっている。

ノウハウ・ドゥハウ本ではないから、
答えを求めて読む人には物足りなさがあるかもしれないが、
あくまで基本的なスタンスを示唆してくれているため
本質を掴んでしまえば個人で応用が利かせられると思う。



特に印象に残ったことは2つあって、
まずは人の育成を子供の成長に例えた考え方。

「子供に歩き方を教える時、子供を立たせて『歩け』と
命令するだろうか?
また、転んだ時に、抱き上げて尻を叩き、
『歩けと言ったのに』なんていうだろうか?
 そんな事はしない。まず子供を立たせるが、最初の日は
少しふらつく。するとわれわれは、すっかり興奮してしまって、
『立ったぞ、立ったぞ』と言い、子供をぎゅっと抱きしめて
キスをする。
次の日子供はちょっとの間立って、よちよち一、二歩歩くかも
しれない。すると子供のところに駆け寄って、キスをするやら、
だいてやるやら・・・と言う事になる。」というもの。

もう1つは、本編外に書かれている山本五十六艦長の言葉で、
「して見せて、言って聞かせて、させてみて
 ほめてやらねば、人は動かぬ」という至言は
人使いの極意を的確に表している。


これを適宜、適切に使い分けることの重要性は認識できた。
あとはいかに実践するか?を考えないと。

業務をする上でのあらゆる答えはこちらが持っていて、
新人たちは持ち合わせていないことが当たり前なのに
委任型の指示をしてしまってはどうしようもないのだから。

まっさらな新人には子供に接するように、
1から教えてあげる環境が必要だと再認識できました。
明日から早速実践してみよう。


posted by N-4 at 22:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。