2008年04月29日

BLUE MAN GROUP最高でした

待ちに待った講演。
「BLUE MAN GROUP」を見に行ってきました。

20080429114509.jpg


STOMPなどと同様のオフ・ブロードウェイの作品。
その名のとおり、顔を真っ青にしたパフォーマー3人が
リズムに乗りながらドラミングしたり、無言でシニカルな
パフォーマンスを披露してくれました。

20080429134144.jpg


タムだけでなく、楽器に仕立てた配水管を思わせるパイプや
ドラム缶を加工したドラムを叩く。
彼らの叩くそのリズムはとても高揚します。

そして、ゲストをステージに招き
いたずら、ボケなどなど色々みせてくれます。

エンターテイメント性の高い素晴らしいショーでした。
あっという間の100分間です。



ちなみに遅刻すると大変です。
ショーの節目まで入室できなくなるみたいだし、
何より全観衆から注目を浴びることに・・・

ま、それは行ってみてのお楽しみです。
一見の価値あり、です。



ラベル:Blue Man Group
posted by N-4 at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

要は自分次第


カンブリア宮殿を見ていて、某社長が語った言葉。
「世の中に面白い仕事とつまらない仕事があるわけじゃない。
 その仕事を面白いと思う自分がいるか、つまらないと思う自分がいるかだ。」


何でもかんでも好きなようにやっていけるわけではない。
時にはつまらないことだってしなくちゃいけない。
そのつまらないことから1つでも吸収しようと思えば
自ずと面白くなることなんてざらにある。


事務処理にしても、泥臭い作業にしても
つまらないと思って、ただただこなす人と、
何かを学ぼうとしてこなす人との間には差がでます。

確実に。

この意識の差は、本当にでかいよ。


事実、そういう人を目の当たりにしてきたし、
自分自身もそうして多くのことを学んできたと自負してる。

だから、仕事で特段文句もいうことはなくなった。

自分の仕事に対するスタンスの1つになっています。続きを読む
posted by N-4 at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

「きじ@TOKIA」 カフェ・レストランめぐり


今日、丸ノ内はTOKIAビルの地下1階にあるきじに行ってきました。

大阪にある老舗のお好み焼き屋がTOKIAのオープンと
ともに東京で初出展したお店です。


丸ノ内界隈で開かれているMarunouchi Flower Weeksを
見学に行ったけれども、天候不良で風も強くて寒い。
しかも、夕方早々にお腹が空いてきたからTOKIAへ移動。

いつも大混雑で入ろうと思っても、お店の前にある
長蛇の列を見るたびにげんなりして入ろうとしていなかった。


でも、16時半過ぎに試しにいってみるとなんと列はたった3組。
それもそのはず、夜の営業は17時からでした。
でも、30分待つだけで入店は確実なので待つことに。


時間を潰して、30分経過。
店員が出てきて17時に入店開始。
でも、その頃には列が3往復し30組ほどが並んでいた。
ちょっぴり優越感に浸って席に着く。

お店の中は思った程に大きくない。
カウンター席はもちろんテーブル席にも鉄板がある。


早速注文したのは、
・豚玉
・モダン焼き
・スジポン
・ごちゃ焼き

スジポンはスジ肉にポン酢が掛かったおつまみ。
これがとにかくおいしい。
注文すると早速出してくれるのでオススメです。
(お好み焼きは少々時間が掛かるから)
ポン酢の香りに浸ったスジ肉は柔らかくて美味。


スジポンを食べていると、モダン焼きと豚玉が運ばれた。
座席にある鉄板は保温が目的で、各種お好み焼きはきちんと
料理人の手で焼いてから持ってきてくれます。

IMG_3244.jpg
#L to R:モダン焼き、豚玉


IMG_3245.jpg

青海苔はテーブルにあるのでお好みで振り掛けます。


定番の豚玉からいただきましたが、
生地が柔らかくて箸でサクサク切れるほど。
なんでも時間を掛けた鳥ガラスープを使って
生地を作っているようです。

豚玉といいながら豚肉はほんのちょっと…なんてお店が多いけど
きじの豚玉は生地全面に豚肉が乗っていて大満足。

ソースは甘すぎず、しつこすぎず、
でもしっかりとしたソースの深い味わいです。
これは絶対食べるべき一品だと思いました。



続いてモダン焼きは、
麺が生地と玉子にくるまれていました。
これもソースの味わいが絶妙にマッチしていて、
焼きそばを食べずとも満足できました。

お好み焼きも食べたい、焼きそばも食べたいという
どちらの欲求をも満たしてくれます。


ここまででも満足できましたが、せっかく入れたんだし
もう一品頼むことにしたのがごちゃ焼き。

IMG_3246.jpg

海老、イカ、貝、しめじに海苔がたっぷりとのり
他所ではお目にかかったことない和風な逸品でした。
海苔の風味と、具沢山のお好み焼きです。
それに口の中で仄かにいい風味が広がったのは
青紫蘇が生地に含まれていたからでした。


1時間ほどで3枚食べてとても満たされました。
全品食べつくしたくなるぐらい気に入りました。



大阪出身の先輩がきじと風月を比較したときに
「個人的には風月のほうが好きだ」といっていたが、
自分はきじの方が好きだと思いました。

両店ともに優劣つけがたく、単に個人の好みだと思いますが。
風月はきじよりもソースなどが味が濃かったりするので、
濃い味が好きな人にはいいと思います。
あとは、お好み焼き以外の単品が豊富だから、
その店は風月のほうがいいかもしれません。

一方、今日のきじのメニューはお好み焼きが90%。
だから、それ以外のものは焼きそばとかに限られるので。
でも、お好み焼きはこちらのほうが好きです。



それにしても退店したときにも店舗前はやはり長蛇の列が。
こんなにも並んで食べるのは嫌だと思ってこれまでは
並ぶことを避けてきたけれど、気持ちはわかるようになったかな。

まぁ、少しでも並ぶ時間を短縮したいなら、
今日の自分と同様、お昼を軽めにしておいて、
開店前に並ぶのがいいかもしれません。



そうそう、今日の会計は4000円程度でした。
安くて、おいしい。
是非一度は足を運ぶ価値があるお店です。

でも、何度もいいますが、
並ばざるを得ないことだけが欠点ですね。
ラベル:きじ
posted by N-4 at 23:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ・レストラン巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

「GINZA ORIKASA」 カフェ・レストランめぐり


GINZA ORIKASAに行ってきました。

フレンチを鉄板焼きで提供してくれる。

銀座4丁目にあるビルの5Fにあります。
30席程で、店内はとても落ち着いた雰囲気。
10席程はカウンター席、残りははテーブル席。

またも予約なしで行きました。
でも、その後に入店してきたお客さんは
満杯で皆帰って行ったので、予約することをオススメします。


全国各地から厳選された素材を調理してくれる。
有名人もたびたび訪れいている様子でした。



さて、メニューは3コースからの選択。
3000円、5000円、8000円があり、今回は5000円のコースをチョイス。

5000円とはいえ9品あり大満足できます。
・本日の前菜
・季節の四種盛り
・貝料理
・スープ
・焼き料理
・メイン
・海鮮ご飯とお椀
・デザート
・お茶

前菜は野菜と鮮魚のカルパッチョをバジルとわさびが
混ざったソースでいただきました。
ソースと一緒に風味がある塩もあり、色々な楽しみがありました。

貝料理はとても凝っていて、
帆立貝をバターで焼いていて、
濃厚なクリームソースに浸っています。
で、それが貝殻の上でぐつぐつ煮えている状態でサーブ。

20080411192944.jpg

とてもジューシーでした。



焼き料理は魚介類、肉類の4品あるうちからチョイス。
今回は鴨肉のローストを注文しました。
レアな感じは残したままで、でも焼いたことで香ばしさが漂う。


そしてメインはステーキ。
20080411195826.jpg

文句なしに柔らかくておいしい。
塩、こしょうで味付けというのもお肉の旨さが堪能できました。

そしてステーキと同時に鮪丼とお味噌汁も出ました。
一緒に食べられるのは本当に嬉しかったね。
しかも、お肉とお魚を同時に。

最後はゼリーにキャラメルとリンゴを合わせたソースが
合いまったデザートでしめました。
このソースは、甘いものが好きな人には
たまらないソースだと思いました。
リンゴの酸味とキャラメルの甘みが絶妙。
20080411201649.jpg


最初から最後まで堪能させてもらいました。


これで一人6000円ぐらいでした。

コースがでてくるタイミングもちょうどいいし待たない。
そしてお店の雰囲気も最高で文句なしです。
ラベル:orikasa
posted by N-4 at 23:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ・レストラン巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

目黒川散策と食べ歩き

一週間遅かったかもしれないが、
散りゆく桜も風情に富むので散策に行った。
昨年に引き続き、目黒川沿い・桜並木のトンネルへ。

IMG_3187.jpg

人は多いけど、ゆったり見られるこの場所はいい。

IMG_3198.jpg

IMG_3209.jpg

既に散りはじめだったため、
目黒川には花びらがたくさん浮かんでいて
それはそれできれいだった。

IMG_3188.jpg

時折吹く風に花びらが舞う光景もいいもの。

IMG_3201.jpg
IMG_3203.jpg



桜だけではなく、歩いているととてもいい匂いが。
怪しい外人二人がホットドッグを売っていた。
芸能人とともに写った写真があった。
名前は・・・MR.ホットドッグ...だったかな?

IMG_3212.jpg

でも、ここのホットドッグは本当に美味しかった。

IMG_3211.jpg

パンも鉄板で焼き、極太のソーセージにキャベツや
玉ねぎ、チーズ、ケチャップなど色々掛けてある。
値段は\600でびびったけれど、食べて納得。
値段以上の満足感がありました。



その後は代官山方面へ移動。
腰を落ち着けたところで、
散策時に購入したJOHANNのチーズケーキを食す。

IMG_3191.jpg

全部で4種類。
・ナチュラル
・サワーソフト
・メロー
・ラズベリー

IMG_3214.jpg

メローはナチュラルよりも若干甘みが多い。
ラズベリーはその名のとおり、ラズベリーの酸味が
チーズの酸味と相まってとても気に入りました。

最近はこんな食べ歩きばかりだけれど
こんな週末の過ごし方が気に入ってます。
posted by N-4 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

スピードを意識して



こなし続けるのが困難なほどのタスクを抱えている。
毎朝その日にやることを考えても、突発的な案件が
振ってくるから当初の予定をこなせない。


これをこなすためには精度を落とさずスピードを上げること。
「仕事の成果=精度×スピード」だからね。


・考えるスピードをあげる
 迷うことなく瞬時に正確な判断をする

・事象の構造化
 考える際に事象の全体を俯瞰して、細かなパズルを
 構造化して組み立てる

・資料作成のスピードをあげる
 構造化してしまえば、あとはそれを視覚的に表現するだけ

・ショートカットキーの活用
 資料作成のスピードをあげるためには、ショートカット
 キーを利用するだけで数秒を短縮できる
 その数秒が積み重なればそれだけ時間を作れる

・70%〜80%でアウトプット
 資料を作るとき100%まで完成させるにはかなり労力が掛かる
 その分だけ時間を消費してしまう。
 ならば、70%〜80%できた段階でさっさと報告して、他人の
 頭を借りる=助言をもらってしまうことで時間が短縮できる。
 まったくの0%状態では議論もしにくい、50%以下では詰めが
 甘いから、適当な程度は70%〜80%!


さて、明日もやること盛りだくさん。
スピードを意識して、明日やるべきことを完遂させる。
そして、週末はすっきりとした状態で過ごすべし。



みなさんはどんな取り組みをしていますか?
オススメの方法があるならば是非ご教授ください。
posted by N-4 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

子を想う親の心境



子を想う親の心境ってこんなところなんだろうか。

弟が今まさに就職活動をしている。
今日はかなり志望度が高い企業の最終面接だったそうな。


わずか5分程度であったそうな。
深く観察するにはあまりに短時間なため
推察するに意思確認程度なのだろうか。

合否の連絡までには数日を要するのか、
はたまたすぐなのだろうか…


気になって仕方がない。


しかも自分が受けたわけではなく他人事のため
どんなやり取りだったかなど知る由もなく、
感触を掴むことさえ非常に困難。

自分が当事者だったときの方が、
気分的にはとても楽だったな。
自ら選考を受ければ手ごたえがわかるから、
気持ちの持ち方をコントロールできるのに…




と、ふと我に返って思ったのが、
子供の受験など、進路において様々な節目があるが
そこでは何かしらの篩に掛けられる。
そんな時に親は子供を心配し手を差し伸べたいと思いつつも、
何をどうすることもできないもどかしさを味わうんだろう…
と思いました。



一体全体どうなるのやら…



結果は神のみぞ知るではあるものの、
弟の望むままの道へできるだけ進んで欲しいと思う。


それにしても親ってこんな心境を味わい続けるのか?
口うるさくあれこれいいたくなる気持ちもわかるな。
そして、非常に辛い立場なんだね。
親って凄いと感慨深くなります。
posted by N-4 at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。