2007年10月31日

ただいま。



たった今帰宅しました。

Blog書いている場合じゃないけれど、
一息つきたかったから。

今日は一日長かった。
うまくいかないことが続き、
明日がとても不安に思える。

明日もきっと遅くまで残業だな。

こんなときは寝てリフレッシュしよう。
寝て起きれば余計な迷いは吹き飛ぶからね。
うまくできてる、オレの身体。


posted by N-4 at 00:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

物欲



新しいコートが欲しい。
ビジネス用途で一着、プライベートで一着。

その他にもスーツ、靴、シャツに始まり、
加湿器、DVD、PC関連機器などなど。
あげればキリがない。

その他にも旅行に行きたかったり。

買えないわけではないけれど、
買い出すと止まらなくなるから自粛している。



でも、買いたいものがある=物欲があるというのは
個人的にはとてもいいことだと思う。

この物欲が働く意欲、モチベーションを高めてくれる。
posted by N-4 at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

任されるということ

友人の二次会幹事を頼まれて早一ヶ月。

そして期限までは一ヶ月を切る。
まだまだやること、決めることはたくさんある。

他方、仕事もやることは山積み。


あっという間に時間がなくなることをまた実感。

やらなきゃいけないことというのは同時期に重なるものだな。


それでも、人から任されるというのは、
ある意味それ自体がステータスだと感じる。
期待に応えられない人には任せない。
いや、任せられない。

任される人というのは、
周囲もそれだけ評価しているから、
どうしてもそこに集約するきらいがあるはず。

この緊張感が最近快感になってきた。

やるべきことに取組みつつ、
それをどうしたら達成できるのか?
それから何を学べて今後に繋げていけるのか?
を考えつつやっていこうと思う。

さて、明日からまた仕事。
今日はここいらでもう寝ることにします。

おやすみなさい。
posted by N-4 at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

書き始めて一年



Blogを開設して早一年。

書いたり書かなかったりの日々ですが、
なるべく毎日感じたことを記していこうと思います。

いろんな意味で後々振り返ったときに
刺激になると思うからね。
posted by N-4 at 18:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

上司



上司にしたくないタイプ。

その見分けは、その上司が更に上の管理職にどう接しているか?だ。

急にへこへこしたり、Yesマンに成り下がるだけの輩は
とかく部下には正反対の態度と取ることが多いからね。


なにかとバカにしたり、怒ったり、
でも権力にはめっぽう弱い。

優越感に浸りたい人間、
それを管理職のポストで実感している人間。


そういう人間には能力云々以前に
1人の人間としてまずは己を見つめ直してもらいたい。
posted by N-4 at 23:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「三田屋本店@新宿」 カフェ・レストラン巡り 


今夜は新宿の三田屋本店で夕食。

兵庫県が本店、店内で能楽を堪能できる
とても由緒正しいお店であり、その名店が東京へ進出。
本店はさながら能楽堂のような外観で趣がある。

その名店の前を通りかかると、
食欲をそそるお肉の香ばしい香りが漂っていて、
衝動的に店内へ入る。


今夜頼んだのは「ヒレステーキコース 150g」
・自家製ハムのオードブル
・グリーンサラダ
・スープ
・ヒレステーキ
・ご飯
・紀州梅干しとたくあん
・コーヒー
・デザート

20071024194751.jpg

最初に運ばれてきたのはグリーンサラダとハム。
サラダはドレッシングが野菜の素材を活かす程度に効いていた。
そして、このハムは大きくて、とにかく美味い。
玉ねぎを巻いて食べるのだが、シャキシャキ感と
ハムの風味、柔らかな食感が相まって箸が止まらない。


20071024201007.jpg

そしてお待ちかねのヒレステーキ。
ヒレ肉が生肉のまま熱せられた鉄板に載せられて配膳される。
バターを溶かしつつ、数秒かけてお肉の両面を焼く。
塩、コショウの風味がさらにお肉を引き立てる。

専用の和風たれにつけて口に入れると
お肉がとにかく柔らかい。
自分の好みの焼き具合で食べられる。
前半のお肉はミディアムレアで、後半のお肉はミディアムで。

これほどおいしいヒレステーキは滅多にお目にかかれない。
アメリカン風のステーキ屋とは一線を画し、
油っぽさがなくて、肉本来の旨みが堪能できました。

ご飯、スープがついて、
食後にはコーヒーとデザートまでついてくる。

これで5,250円ならかなりリーズナブル。

このお店のハムとステーキは癖になります。
また絶対に来ようと思う程に。

いいお店に出会えて幸せだった。


ちなみに食事中にピアノの生演奏も。
そして窓の外は新宿ビル郡の夜景が広がる。

食事、雰囲気共に満足です。
posted by N-4 at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ・レストラン巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

おかえりなさい




弟が長い留学期間を終えて帰国。

電話をしたところとても元気そうで安心した。
多くの経験を積んだようで会話が弾む。
刺激的な話ももりだくさん。

週末は実家に戻ってゆっくり話をしよう。

ひとまわりでも大きくなっている
その姿を楽しみにしながら。
posted by N-4 at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

「すいません」でなくて・・・



相手へのちょっとした感謝の念を表現するときに、
よく「すいません」と耳にする。

でも、ことの本質を考えると、
相手の行為に対して感謝を表すのならば
「すいません」ではなく「ありがとう」が適切なはず。


これはイギリス滞在時に気づいたこと。
前にいた人がドアを開けて待っていてくれた瞬間、
そのときに出る言葉は「Thank you」。
「Excuse Me」とは決して言わない。

日本で同じケースに出くわすと
「すいません」と「ありがとう」は個々によると思う。

ついつい咄嗟に口をついてしまうかもしれないけれど
やはり「ありがとう」と素直に言えることは
とてもスマートだと思う。

イギリスで気づいてからは、帰国した後も
「ありがとう」というように意識している。
今では自然と出るようになった。

みなさんも是非「ありがとう」と応えよう。
その方がお互いに気持ちがいい。


今日「すいません」と発した人を見かけて
ふと思い出したので記述してみた。
posted by N-4 at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

やること盛りだくさん




仕事に、プライベートにやるべきことがもりだくさん。

とにかく時間を無駄にできない。
こういうときには時間の有効活用を
いつも以上に考えるもの。

抱え切れなくてパンク寸前のこの緊張感、
テンションが上がるね。
久々だな、この中身の濃さ。

今の自分の限界を超えよう。
もっと高めよう。
posted by N-4 at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

終焉



携帯電話を滅多に変えることなく
使えなくなるまで使い続けている。
最長で5年間使ったこともある。

昨年買ったDoCoMoのN702iDは非常にシンプルなデザインで
使い勝手も良く気に入っていたのだが、今日突然壊れた。

折りたたみ式によくある事象だと思うが、
折りたたみの蝶番部分がポッキリと折れた。

幸いにも中の配線は繋がっているものの
ぷら〜んと垂れ下がっている。



致し方なく機種変更をするハメに。



特段携帯電話に関心もないので
最新機種の情報など調べもしない性格が災いし、
店頭で陳列を見ても何が何やらまったくわからない。

機能が付加されすぎている・・・

そして価格もかなり上がったのですね。

一通り見て、自分が使用する機能用件を固めて
あとは半ば勢いに任せて購入したのが「BRAVIA携帯」
価格が低めだったことと、デザインが気に入ったから。
機能はどれも大差がないこともわかったしね。

こうして予定もなかったが、機種変更を実施。



それにしても慣れの問題に過ぎないだろうけど、
新しい携帯は非常に使いにくいもんですね。
変えて良かった部分と、変えて不満を覚える部分と
50:50といったところでしょうか。

しばらくは使い慣れるしかないね。



オレの性格からして、あんな分厚い取扱説明書
まったく読む気になれないから。



それと、携帯は今後どう発展していくのか?
そんなことも考えるきっかけになった。
もはや音声通信など、端末で使えるアプリの1つでしかなく
携帯電話というよりも「ケータイ」という
新たなアイテムと呼ぶのがふさわしいのかもしれない。
posted by N-4 at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

自分にマイナスな言葉は使わない


自分は○○だから、△△ができない、
自分は○○だから、△△をしない、
自分は○○だから、△△がわからない・・・

挙げればキリがないと思うけれど、
この手の表現をしょっちゅう使う人がいる。



イメージはよくないね。
自分で制限を勝手に作ってるって思うし、
言い訳を作ってばかりに聞こえてくる。

少なくともその人のイメージを下げることにしかならないし、
一緒にいても徐々に不快な気分が膨らんでいく。
もったいないと思う。


絶対に自分を下に見せないよう
注力している同世代の友人もいれば、
いつもネガティブなことばかり言い続ける年上もいる。
どっちが魅力的かは言うまでもない。
posted by N-4 at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

ダウン...


ダメだな、こりゃ。

また風邪ひいた。

身体が暑いという自覚症状があるし、
関節も痛くて、お腹も調子が悪い。


全てを忘れてただ寝よう。
posted by N-4 at 21:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

何がそうさせたのか?



顔と名前が一致する程度だったが、
会社の後輩が亡くなった。

一体何があったのだろう?
原因を考えたって空しいだけだけれど、
他人とは生きている限り関わり続けるわけで、
見過ごすことではないはず。

他人に無関心でいることはできない。
これまでも、これからも。
posted by N-4 at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

表現次第



職場には見習うべき人がたくさんいる。

隣のオジサンはとにかく口が悪い。
「なにやってんだよ」程度ではなく、
平気で「ぶっ殺しにいってやるよ」とか口に出す。
決して敵にしたくはない味方。


これが例え職級が上だろうとお構いなし。
「オレは偉くなんかなりたかねぇからよ〜」などなど。
挙げたらキリがないが、毎日スゲェことを平気で言う。



そんなオジサンではあるが、
打合せになると指摘する切り口がとても鋭い。
経験に裏打ちされた見解がどんどん出てくるし、
脱帽せざるを得ない観察眼を持っていると思う。

ただし、前述の口の悪さが災いし、
とにかく摩擦を起こしてしまう。
もちろん怒る理由には同感するんだけれど、
これがもうちょっと表現を変えるだけで違うのに。


思いっきり損していると思う。

色んなところを吸収しよう。
よき手本として、反面教師として。
posted by N-4 at 23:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

2年の歳月



今日は10/15。

今お付き合いしている大切な人と出会った日。

仕事が遅かったため、何もすることはできなかったけれど、
こういうことに対してもきちんと理解してくれる。
記念日と仕事を天秤にかけて迫るようなことなどしない。
そもそも記念日というものに特別意識もなく固執もない。
お互いに。
喜ばしいということだけは分かち合うけど。



過ごしてきたのは2年の歳月。

2人の関係で自慢できることの1つに
ただの一度でさえ喧嘩などしたこともないこと。
いや、これは言い方が気に入らないから訂正すると、
本当に良好な関係が築けている。



振り返ればあっという間。
思い返せば楽しい思い出はたくさんでてくるし、
色んな影響も受けてきたと思う。

2年だとか年数を重ねることなど意識せず、
このまま隣にいてくれればそれだけでいい。

本当に彼女には感謝している。
家族、友人同様、大切にし続けたい人だ。




今日は非常にプライベートなことまで書いた。
それでも、このブログを友人には公開していないから
いいんだけれど。
もし読まれていたら・・・

考えるのはやめておこう。
posted by N-4 at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

汗をかこう


今日は友人達とテニス。
ここのところ定例化しつつある。

昔取った杵柄というのか、
年単位でのブランクがあるものの、
ラケットを持てば身体は自然と動き出す。
身体の記憶とは凄いもんだ。

もちろん、体力の低下による反応の鈍化と
足が一歩、二歩でないことは仕方ないけれど、
球を打つ感覚は驚くほど冴えている。
今後も続けていきたいね。



やはり意識して掻く汗と、意識しない汗には大きな差がある。
仕事中は後者ばかりで、ジトッとして気分不快になるけれど、
運動して掻く汗というのはとても爽快になる。

肉体的な疲労は起こるものの、精神的には
すこぶる健康になれる。

走ることも開始して、気持ちいい汗をかこう。
今夜は快眠が期待できそうだ。
posted by N-4 at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

「and on and」@渋谷 & 「鳥政」@青山

今日は原宿、渋谷、青山界隈を散策。
休日の散歩コースには絶好のポイント。

ショッピングあり、娯楽あり、飲食あり。

まずは原宿から代々木公園を抜け渋谷方面へ。
以前から行きたかった「and on and」へ。
ミスドの系列店で、グレードをアップさせていた。
確かに大人向けのドーナツが揃っている。

NEC_0120.jpg

頼んだのは以下の3種類。
・リッチチョコレート
・ミックスベリー
・レモンティー

中でもミックスベリーは酸味と甘みの
バランスがよくてとても気に入った。
生地もふっくらしていて食べ応えがある。



そのあとは渋谷を散策しつつショッピングを楽しむ。
Franc Franc、ハンズ、LOFT、無印良品で。
さすがに歩きつかれ、また夕方も過ぎお腹もすいてきたため、
一路青山へ向い、ダメもとで鳥政へ飛び込む。

ダメもとというのは、このお店、
知る人ぞ知る名店で焼き鳥が非常においしく
予約をしないとまず入れないから。

しかし、時間帯が早かったこともあり、
運良く席を確保することができた。

今回は半コース(6品)、親子丼などを食した。
半コースは、
・さび焼き
・レバー
torimasa1.jpg
さび焼きは中がレアなささみにわざびをのっけたもの。
レバーはこのコースで唯一、塩じゃなくてタレでした。
臭みは全くなくて、まったりしててやわらかい。

・しそ巻き
・ネギ巻き
torimasa2.jpg
しそ巻きはめちゃくちゃジューシー。
葱巻きって葱を豚肉で巻いてるようなのを想像してたら
鳥肉(多分、胸肉)で葱を巻きこんだものでした。


・もも
・つくね
torimasa3.jpgtorimasa4.JPG
ももは、いわゆるネギ間。これもジューシー。
つくねは、色んな部位の肉を混ぜてつくってるとのこと。
なんこつとかも入ってて結構粗引きな感じでジューシー。



前回行った際にはフルコース(12品)食べたが、
お店の主人曰く700gもあり、食べたあとに動けなくなった。

というのも、一品ずつがかなりの大きさで
ボリュームがあり、女性にはこの量で十分だと思う。

お肉は大きく、それでいて味は抜群においしい。
余計な味付けもなく肉の美味さを存分に引き出している。

これで1人3,000円で食べられるので、
是非立ち寄ってみて欲しいと思います。

たくさん歩き、よく食べ満足の一日だった。
posted by N-4 at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ・レストラン巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

「 Chanko Dining 若 」 カフェ・レストラン巡り



最近途端にひんやりしてきた。
お鍋がとてもおいしく感じる季節だね。

ということで今回の紹介は
何度予約を取ろうとしても取れなかったお店。
もう既に有名になった「 Chanko Dining 若 」へ。


ちゃんこ鍋はお鍋の中でも好きな品目。
やはり色んな具を一度に食べられて、
それでいて食べ飽きもこない絶妙な味付け。

味噌味が好きなので、今回も味噌を食べようとしたんだけれど
メニューを見ると「当店一番人気は塩味」と書いてある。
初めての来店だし、一番人気ならば・・・ということで
いざ塩味を頼んでみた。

NEC_0118.jpg

鶏肉、豚バラ肉、水菜、椎茸、ニラ、豆腐、モヤシなどなど
多くの食材が入り、塩味がほどよく効いたダシ汁に茹でられている。

お店の店員が目の前で作ってくれ、取り分けてもくれる。

さっそく食べると、さっぱり味で、
どの食材も塩気がよく染み込んでいて絶妙だった。

取り皿がなくなるとすかさず店員が取り分けにくる、
この手厚いサービスも非常に好感が持てた。

お店の雰囲気もきれいで、落ち着いていて、
これが女性に気に入られいている要員の1つだと思う。

鍋の締めといえば雑炊、うどんが一般的だと思うが、
このお店ではラーメンというのがあった。
確かに、この塩味にラーメンをいれれば、
それはそれはおいしい塩ラーメンになると思う。

しかし、お鍋を食べつくしお腹も満たされていたので、
あえなくここで食事終了となった。


お酒、前菜、お鍋などを頼んで一人4,000〜5,000円。
十分満足いく値段だと思います。

ちなみにお鍋を食べる前に手羽先を食べましたが、
甘い汁で掛けられていて、お肉との相性が抜群だった。
こちらも是非食べて欲しいと思う。



個人的には大変満足だったが、
ことちゃんこ鍋について評価するならば、
両国にある別のお店のほうが好きかな。
(もちろん若もおいしいですが!)
そっちのお店では具材に魚介類なども入っていて、
ボリュームももっとあるからね。

まぁ、ここには今年も行こうと思うので紹介はまたの機会に。
ラベル:Chanko Dining 若
posted by N-4 at 23:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ・レストラン巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記憶がない



ふとした話題から学生時代、
理科の実験で使用した実験器具の話になる。

ビーカー、フラスコなどなど
色々な器具があったもんだと振り返っていると、
全く名前が出てこない器具が出てくる出てくる。



シャーレーなんてまったく忘れていた!
未だにわからない器具があるため、ネットで検索中。

それにしても記憶が・・・
シナプスが切れまくっているようだ。

危険だな。
posted by N-4 at 23:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

新人の姿に思い出す


オフィスの向かいの席には新入社員くんがいる。

先輩から与えられた仕事をこなそうと懸命に働いている。
技術用語もわからないため話にもついていけないようだ。

ということで、ことあるごとに質問してくる。
確かに自分の仕事を中断せざるを得ないのだが、
彼が育って、より高度な仕事をこなしてくれるようになれば
それは会社にとっていいことだと思う。

そもそも、若手に対してきちんと教育してやること、
これは先に働き始めた者たちの当然の義務だと思う。
知らないは罪ではないから。


質問の意図をきちんと汲み取って、
わかっていない部分を明確にして答えてやると
非常にスッキリしているようで、
その姿を見て自分自身微笑ましいし、
着実に一歩ずつ進もうとしている手助けを
できていることにある種の心地よさも感じる。

できる限り自分の持っているものを伝授してあげよう。



彼が今わかっていないこと、
それは自分が新人のときも先輩にあれこれ
質問をぶつけていたっけ。
そのときの先輩が本当によく面倒をみてくれた。
どんなに忙しくても懇切丁寧に対応してくれた。
その人には本当に感謝している。

だから自分が享受したその姿を
自分も立場を変えて伝えていきたい。


それにしても、新人クンの姿が初々しい。
とても和むオフィスです。
posted by N-4 at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。