2007年06月27日

前向きな議論を




今夜は飲み会。

一歩引いて皆の会話を聞いていたが、
ネガティブ発言が大半を占めていて不快。


前向きな人たちと集まりたい。
建設的で、生産的な議論を欲します。


posted by N-4 at 23:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

経営者に望むこと


最近、企業の不祥事が頻繁に報道される。

渋谷の温泉施設しかり、偽装牛肉しかり。
前者は死傷者を出す被害となり、
後者は全社員解雇という悲惨な結末を迎えた。



不祥事を起こした経営者においては、
前者は設備技術に関する知識に乏しい印象を受け、
後者は真実をごまかして隠そうという印象を受ける。
どちらにも共通していえることは、
とにかく目先の利益を追求した挙句、
踏み越えてはいけない一線を越えたということ。
そういえば、介護事業の件も同様か。



一方、私が尊敬する経営者は苦渋の決断に苛まれながらも、
常に視線は社会、消費者のために貢献したい想いが
その行動から伝わってくる。



実行できるかどうかは結果論ではあるけれど、
ただ1つ、「世の中をよくしたい」という核となる
信念から脱線し、歯止めが利かなくなった時点で、
その組織は存在価値がないに等しくなるといえそう。



「提供するサービスで、社会に恩恵を与えより良くしていく」
表現は色々あろうかと思うが、こうした社会貢献の信念を持ち、
それを具現化できる実行力のある企業、経営者の下で働きたい。
自分が経営者にならない限りは。



たとえ組織の末端に居ようとも、正しいことをしてこそ価値がある。
息絶えるまで抱き続け、磨き続けなければならない。
posted by N-4 at 22:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

さぁ、丼を食べに行こう

社会人になってから増えた楽しみが“食”。

それなりに収入を得られるようになったことと、
巷にはおいしい食が溢れていることに感激して、
毎週どこかへ繰り出すようになった。



お店をチェックすることは習慣になってきた。
街を歩いていて気になるお店は即チェック、
雑誌、ネットで気になるお店も即チェック。
今や行きたいお店が多すぎて、周りきれやしない。


先日、愛読している「おとなの週末」に丼特集が掲載。


??????T??.jpg




昔から丼好きだったために、即購入。

親子丼に始まり、各種丼ものをランキングにて掲載。
行ったことがあるところもあれば、
まだまだ知らないお店があることを痛感。


さて、次は何を食べに行こうか・・・
やっぱり海鮮丼を食べたいな。
でも、親子丼も捨てがたい。

お店を選択するために購入したのに、
魅力的なお店が多すぎて余計に迷ったことはいうまでもない。

皆さんもチェックしてみてください。
所詮、丼です、値段も手頃で高が知れてます。
posted by N-4 at 21:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

どうなるの?


イギリス滞在時に数回訪れた場所、Highbury。



Football Club Arsenalの本拠地。
今世界で一番好きなFW Thierry Henryが
8年在籍したArsenalからF.C.Barcelonaへ移籍することが決まった。


シーズンが終わったばかりだというのに
一気に来季への期待が高まる。

Barcaの魅力的な攻撃に、あの快速FWが加わる。

どんなコンビネーション、ゴールを見せてくれるのか?
意味もないけれど、空想させてくれる楽しみが増えた。


さて、では現状のBarcaのFW陣はどうなるのか?
Messi,Eto'o,Ronaldinhoの3トップが気に入っている。
誰かが放出されるのか、
Ronaldinhoはどのポジションになるのか、
どうHenryが組み込まれるのか。
これまた監督になりきったかのごとく空想にふける。

posted by N-4 at 21:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんだそれ?



K-1 Grand Prixを見た。

メインイベント Peter Aerts vs Bob Sapp。


楽しみに観戦したのに、わずか数秒で膝蹴りに沈むBob Sapp。



オレンジ投げ込む観客の気持ちがよくわかる。
posted by N-4 at 21:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誇り



TVを見ていて、某企業社員の一言。

「私はこの仕事を日本一、世界一だと思っています。」



カッコいいね。
堂々とこんなことがいえるとは。
自分の仕事、毎日に誇りを感じているからかな。



翻って、自分は・・・
まぁ、そんなこと考えていないね。

でもウチの会社についてよくよく考えてみると、
日本一どころか、世界一といえるサービスを提供しているんだよな。

日頃淡々とこなしていることも、
実は世の中に対してはそれなりのインパクトを与えているかも。

そう考えたらちょっといい気分になりました。


自分の仕事に対するスタンス、
もう一度見つめなおそう。
posted by N-4 at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

へぇ〜 「Guinness BookのGuinnessはなに?」


疑問に思うことは大切なこと。

彼女がよくいう台詞。
これには激しく同意。


さて、先日彼女との会話のなかでGuinness Beerの話題になり、
「それはアイルランドで生まれた黒ビール(スタウト)で・・・」
などと知っている限りのウンチクをたれていたら、
「じゃあ、Guinness BookのGuinnessは?」と質問され言葉を失う・・・




だから調べてみました。

そうしたら、なんとGuinness Beerを作っているGuinness社の
関連会社である「Guinness World Record社」が発行しているとのこと。

今更説明も必要ないと思うけれど、
様々な分野の世界一が何かを認定、掲載しているのがGuinness Bookね。

Guinnessだからって同じなわけないよな!と
安直で否定的な解を即座に出した自分が情けなく思うと同時に、
まさか繋がりがあったなんてと軽く驚きました。



まさに「へぇ〜」の境地。



改めていいます。

疑問に思うことは大切です。
posted by N-4 at 00:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

カウントダウンが始まった




残り一ヶ月。
スイッチが入り、終わりを告げる
カウントダウンが始まった。


今抱えている仕事をやり遂げてみせる。
今やらずにいつやるんだ。


そう、決意表明。
posted by N-4 at 23:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

10分を大事に


10分間集中する。

これを最近は大事にしている。

とかく飽きっぽい性格と、集中力が高まりにくいため、
どうにも計画倒れになることが多い。
だから時間単位で予定を立てても、完遂できることが少ない。


でも、さすがに10分なら集中できる。
本ならば5ページは進むし、想像以上にできることはある。
まず10分間、そしてまた次の10分という具合に積み立てる、
これならば精神的に辛くなりもしない。


10分間×N=?

このNを増やしていこう。
posted by N-4 at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

諦めない心の強さに学ぶ



Liga Espanolaが劇的な幕切れで今シーズンを終了。

Barcelonaが3年連続優勝すると思いきや、終盤戦に失速。
そして、序盤もたついたReal Madridが後半猛追して
Barcaと勝ち点差はないものの、直接対決の結果により見事優勝。



近年稀にみるデッドヒートに勝利したReal Madridの
David Beckhamと監督Fabio Capelloの関係から学んだことがある。


出場機会に恵まれず、その他諸々の事情もあるだろう
David Beckhamがシーズン途中にも関わらず来季の移籍先を決めた。

それに紛糾したのはFabio Capello。
結果、試合はベンチ入りはおろかスタンド観戦を余儀なくされ、
挙句の果てには練習でも締め出しを受けたという。
当たり前の感情による行動だったのかもしれない。

このCapelloという監督は、オレの知る限り、
規律を重んじ、何より厳格で堅い人間だということ。
スター選手さえも特別扱いしてこなかった。

個人的にはBeckhamは試合に出ることなく
ただ移籍を待つのかと思っていた。



しかしこんな仕打ちを受けたにも関わらず、
Beckhamは腐ることなく真摯に練習に打ち込む。
その姿にチームメイトは感化され、次第にCapelloに対する
意見まで飛び出した。

そして(怪我人が出た背景はあるものの)ついには
Beckhamの姿勢にCapelloが決断をした。
そう、一選手として見直した。


そして、Beckhamはそれまでの鬱憤を晴らすかのごとく
大活躍し、チームも勝ち点を積み重ね、ついには首位へ踊りでる。


結果は前述の通り、Real Madridが優勝した。



このBeckhamの心の強さには正直感動した。
そこまでメンタルが強い人間だとは想像しなかった。

自分の上司とあわないことなど日常茶飯事だと思うが、
日々の練習からも外されれば腐っても普通のことだと思う。
でも、そこで挫けず、チームメートに感動を与え、
頑固な指揮官を見返し、チームを蘇らせたそのパワーは凄まじい。

どんなに逆境に陥ろうとも決して諦めないこと、
逆説的にいえば、自分が諦めたらそこでお終いということを
再確認した。

このことは、理解はできても実行にうつせる人間は数少ないと思う。
無論、自分もあてはまる節はある。

それでも、彼の姿を見習いたいと思う。
Manchester Utd.時代は好きだったが、移籍してからはどうも
敬遠するように見ていたが、改めて感服した。

単なる巧い選手という意味でなく、
人間としての力強さと謙虚さについて。



優勝後の会見でCapelloに、
「今シーズン最大の過ちはBeckhamの力を見誤ったこと」とまで
言わしめるとは恐れ入りました。

知らない人に重ねていいますが、
Capelloは本当に厳格な人物です。
その人間性が顔にも出ているくらい。



今の自分を省みて、あ〜だこ〜だ文句たれる前に、
まずは自分のできることを探そう、そして行動しよう。
とても基本的なことで、稚拙かもしれないけれど、
だからこそ生きていく中で最も重要な要素の1つだと感じた一幕でした。




それにしても、Capelloが潔いことにもビックリ。
こうして公の場で自分の過ちを認められる姿に驚きを感じると共に、
上に立つ者は体裁を気にせず、間違ったら間違ったといえるだけの
器のデカさがあるべきだと感じた。
部下としては間違いなく尊敬できるね。

posted by N-4 at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

仕事運



”仕事運がない”と強く感じた。

昨年度下期評価のフィードバックを受け、
結果は悪くはなく、でも決して満足できないものだった。



薄々感づいてはいたものの、
やはり実際に耳にすると、落ち込む。



ここ一年ばかりはやっても評価されない時期が続く。

それでいて、同じ担当の同僚は高い評価を受けたらしい。
思い返せばその人はかなり大きい案件に関わっていて、
結果それがうまくいったので当然のこと。

一方、自分には大きい案件もこない、
上司達も仕事を取ってくることができていない。

だから会議等に出てはとにかく課題を見つけ、
持ち帰ってアウトプットを出そうと苦心し続けた。

それでも案件における位置づけは末端、
決して中心にはになれない状況もあり、
評価はそれ相応のものしかでてこない。



同じ担当なのにこの違いは何?って考えてしまった。
「だったら仕事選んでいいですか?」と喉元まで出かかった。
言っちゃいけないことだけれど、さすがにキツイ。

これって仕事運がないのかな?と感じた出来事でした。



やるしかないって頭では理解しているんだけど、
メンタルがついてこない、行動にも出せない
今のこの状態ってなんだかな・・・
posted by N-4 at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

本当の自分なんてない



「自分探し」とか、「自分らしさ」なんてない。
そんなことを追求することはしない。
「本当の自分なんてない!」と思います。


今生きているこの瞬間、24時間である毎日、
そこに費やすプロセスと結果こそが自分であると思います。

目の前には常に現実しか転がっていない。
posted by N-4 at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

彼氏として・・・


昨日、街を歩いていたら
バッタリと彼女の友人に巡り会った。

写真で顔を知ってはいたものの、
対面するのは初めて。
そんな人に挨拶をするのは不思議な感覚だった。

全く知らないわけじゃない(=顔は知っている)、
でも話したこともない。
何を話したらいいかわからず一瞬混乱しました。

一言二言交わして別れたら、
彼女の携帯に先の友人からメール。

彼女が見せてくれ、これがなかなか嬉しい内容。

過去にも、ボクに対するその友人からの評価は
思わずニンマリとしたくなるようなコメントをいただいていた。

純粋に喜んでます。
これからもいってもらえるように
彼女のことを精一杯大事にしようと再確認。




翻って、恋人の不満・悪口を人って大嫌い。

そもそもその不満の元となる人間に対して、
仮にも付き合うことをOKしたのはアナタ自身ですよ?
「あんな人を選んだワタシがバカでした」と
いっているようなもの。
暴力された、浮気されたなど、あまりにヒドイ仕打ちを
受けたらならまだしも、第三者的に聞いていて、
「そんなのどうでもいいじゃん?」と思える内容を
デカイ声で誰かれ構わず公言する人はとにかくご遠慮願う。

いるんですよ、会社にこういうことをいう女性が。
しかも仕事中にもかかわらずね。
ということで、その人に対する扱いは、それ相応のものになってます。
posted by N-4 at 20:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。