2007年03月29日

“そのうち”なんて日はありません


ある人の口癖。

食べ物や遊びの話をしている際に、
それをしたい欲求はあるけれども、是が非でも即行動に移すと
いう程でもないときに決まってでる言葉が、


「そのうち○○○しようよ」です。


この“そのうち・・・”を耳にするたびにいつも思う。
「そんな日はありませんよ?」とね。
使われること自体に抵抗はないけれど、
この人の場合口だけだからいつも気になる。


こうして決断を先に延ばし続けることはとても非生産的。
ただ日を確定させるだけの話なのに。
決断力がないことに起因するかもしれない。
でも、この人は無意識に決断しているんだよね。

「すぐに日を決めるほどでないか」とね。

よく考えたらこの言葉ってあまり意味がないかもしれない。


posted by N-4 at 21:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

お花見@六義園


夜桜を見に六義園へ行ってきた。

}2.jpg

庭園の中心部に位置する枝垂桜がライトアップされて
とても幻想的な雰囲気を醸し出していた。

見事というしかない。


Z`.jpg


}1.jpg


桜の上空から照らす月がこれまた見事だった。

かなりきれいに整った庭園でとてもよかった。
秋には紅葉でがらりと雰囲気も変わるそうなので
また出かけよう。
posted by N-4 at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

なぜ3年で辞めるのか






わりと最近売れた本ですね。
読破しましたが、基本納得できる内容。

共感できた部分と実体験も踏まえていうと、
やはり入社前と入社後の想像と現実の差が大きいことにある、
と思いました。


その時は社会について熟知していないものの(当然か)
就職活動ではエントリーシート、面接に向けて徹底的に
会社のことを調べ上げていく。
また、自分がリタイアするまでとはいわないけれど
10年以上ぐらい先を見越した志向性というものを捻出する。

そのマッチングを持って企業選定をし、選考に進む。
これにはかなりの労力と時間が必要なわけで、
必死に頑張って臨むわけ。

その結果内定を取って、いざ就職をしてみたら
「やりたいことなんて思うようにできるわけがない」とか
「自分も若いときはそうだった。だから頑張れ」ぐらいのことを
平気で言われて、自分の意思に関係あろうとそうでなかろうと
強引に配属されて、目の前のことをこなすよう強制される。

挙句の果てには、自分の期待通りにいかなくても
それを実行することが当たり前なんだとか、それが大人だぐらい
まったくもって納得できないことを平気でいう。

そこでちょっとでも抵抗しようものなら、
最近の若い奴は使いにくいとか扱いづらいとか言われる。



頑張ってやりたいことを考えてきて、訴えて、内定もらって
蓋を開けてみたらやりたいことできないってそれはおかしくない?

○○をやりたいって訴えて入ってきたんだから、
それぐらいさせろよ!と主張することは正直な発言だと思う。


「組織というものは個人の意見ばかり聞いてられない・・・」とか
そんな理論が成り立つように言ってくるけれども、ならば
選考過程において志望動機なんて聞くなと思うわけで。
むしろ面接時に「あなたは会社が要求する仕事を何でもしてくれ
ますか?」と問いかけて、Yesと応えるものを採用すれば?
なんてことも思ってしまいます。

結局屁理屈こねてあれこれ言ってくるのならば、
自分のやりたいことができるところを探してみようという
想いにかられるのは至極真っ当だと思います。



成果主義にしてもそう。
やったらやっただけ貰えるのかと思えば、
いざどれだけやってもそこには従来の年功序列体系の賃金がある。
もちろんそれを表立ってはいわないけれど。

就業中にふらっと外出したりする管理職なんかより
仕事しているのに、その実お金はほとんど上がらない。


ほとんど愚痴になっているような気もしますが、
書いてあることは実際に起きている現実そのもの。
まぁ、よくまとめてあるなと思います。



いや〜、それにしてもこの手の本を読んでいると
なんだか気持ちよくない感情に満たされてきますね。
せっかく本を読むのならばもっとポジティブになれる
モノを読まないと精神的にも満足感はないなと再認識。

こういった類のものはたまにでいいやと思いました。
posted by N-4 at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

なぜダメなの?



「mixi読み逃げ」ってダメなの?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/20/news042.html


自分自身mixiユーザではありますが、
そもそも“あしあと”の履歴だけでは日記を読んだか
どうかなんてわかるはずないのに・・・


日記なんて、言ってしまえば個人が勝手に表現したことなのに。
掲載したことに対してReplyが欲しいんだというのならば
メッセなり、チャットというものをすればいいのに。

メールで返事がないとはわけが違うと思うのですが。



各ツールにはそれぞれ用途というものがあり、
双方向性、リアルタイム性、確実性などは
きちんと住み分けされてきた経緯がきちんとある。

携帯ではメールなどにより、
いろんなツールを使い分けるでもなく、
人によっては全て同一に括られているのかね。

posted by N-4 at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

いただきました。

本日もらいました。


1.花束

IMG_1423.JPG

淡色の花がバランスよくマッチしていてとてもきれい。
植物って好きなんですよね。



2.手作りケーキ

IMG_1424.JPG

ピンクの部分がイチゴのムースで、
白い部分がグレープフルーツムース。
ちょっとのケーキ生地にふんだんに使われたイチゴ。

ムースの食感がちょうどいい。
味はもちろんおいしい。
こんなおいしいデザートを食べられるなんて・・・
また食べたくなる、嗜好の一品です。



とても幸せを感じた一日でした。
posted by N-4 at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

胸が痛む・・・




詳細は明かせないのですが、
仕事ではやらなければいけないときがある。


人との応対において使うことを徹底的に求められる、



それは「本音と建前」



有利に進めるための交渉の場であったり、
プロジェクトの進行上、詳細を述べられないときなどは、
それはもう駆け引きに近いし、お互い腹の探り合いのような
構図の中においては躊躇いなく使う。



ただ、相手が何の疑念も持たずに純粋に向ってきていているのに
こちらは“決して裏を見せられない(=真実)”場合には
とても心苦しくなります。

まだ暫くはこんなことを続けなきゃいけないようで・・・


そう簡単に割り切れやしないって。
posted by N-4 at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

貯蓄しよう

若いうちに自己投資しろ!とは
よく聞かれる言葉だけれど、これには納得。
今年は自己啓発に励むことに決めた。

さて、それはそうとして1つ問題。
何をするにしてもお金というものが掛かる。

そこそこは貯蓄もあるけれど、
散財が激しかったせいもあり一向に貯まらない。



ということで、必要な費用を算出。
それに向けて貯蓄を開始すべく、
月単位、週単位、日単位での許容額=お小遣いを設定。

最終的に月単位額を達成できればゴールに辿りつく(はず)。

但し、出費なんてものは日による部分も多々あるので、
単純に平均化せずに、日と週のバランスをみていこう。

目標は「 2,000円/day 」

これって意外と難しいんだよね。
でも、なんとか捻出していかないと。

少しは節制したほうがいいね、オレ。
毎日スタバ行けなくなる・・・



ということで、手帳には設定額、目標額や
出費に関しても綴り始めました。


余談だけれど、手帳をうまく使いこなすことは重要だ。
これはかの渡邊美樹社長の教え。
ま、これについては別の機会に述べることとして、
まずは日々の目標達成に向けよう。
posted by N-4 at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

自分の信念を持って行動できること



「自分の信念を持って行動できること」

これはとても重要なことだと思う。

社会人になってからは特に。

とかく、日々の仕事に没頭し始めると
組織の環境だったり、空気というものに交わっていき
新鮮だったものがいつの間にか当たり前になっていく。

それがいいことも当然あるけれど、
違和感を感じていたことに対しても感じなくなる。

その結果、「あのようになりたくない」なんて思っていたのに
いつしか自分も同じことをしてしまうなんてこともある。



そんな時にどれだけ確固たる自分を持っていられるか?
違うことに対しては違うといえる、
自分なりの見解を述べて周囲を変えていける、
こういったことに対しては周囲を気にしすぎることなく、
でも他の意見を参考にしつつも、それを考慮した上での
自分の意見を常に持ち合わせていなければならない、
と思います。



意見を持つには自分の信念を持っている必要がある。
言い換えれば自分の中に哲学を持つ必要がある。



みなさんは信念/哲学がありますか?

自分は今それを育んでいるところ。
まだ漠然としているけれど。
posted by N-4 at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々のギター



数ヶ月ぶりに弾いたギター。



ダメだ、まったく弾けなくなった・・・
posted by N-4 at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

「敗因と」 書籍







2006年 サッカー ドイツワールドカップにおいて
日本代表は残念ながら予選敗退となった。

原因探しは一通りされた感があるし、
誰かを戦犯扱いする気も毛頭ないけれど、
あの時日本代表にはどんなことが起きていたのか?が
各方の証言を織り交ぜて事細かに書かれている。



華やかな舞台の裏で繰り広げられていた事実。
正直、驚愕する事実を知ることもできた。

サッカー好きのため、彼等の動向には気になっていたが、
ここまで根が深いものだとは露とも知らず・・・



それにしても、彼等に起こっていた事象は他人事でない。
特に人間関係の構図は僕等の身の回りにも当たり前のように
起こっているものとなんら変わりがない。

1つになれない人間の集合体=組織が
真剣勝負の場で、それも世界の舞台で邁進できるほど
簡単なものではないことがよくわかる。

私のいる場は世界が舞台ではないけれど、
利害が衝突する場ではある。
そんなときに一枚岩として機能した組織がどれだけ強いのか。

1つになるには上に立つ者、下に居る者は
自分のフィールドにおいてどういったことに注力すべきか。


単なるドキュメンタリーに留まらず、
僕等人間社会の構図がそのまま当てはまるため
非常にいい教訓となる材料にもなる、そんな一冊。
posted by N-4 at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

壁を作らないこと




他人との関係において「壁を作らないこと」。

世の中親密な関係を築けるばかりではない。
残念だけどね。
どうしても気が合わない人はいるし、
またそういう人と関係を切ることが出来ない場面はある。


そんなときに自分で「あいつは気に入らない」と
壁を作ってしまったら、近い距離になることはまずない。

例え自分が気に入らなかったとしても、
自分にはないものを当然持っているはず。
何か学べるものがあるはず。
別の環境においては大きな力を発揮する人かもしれない。


そう考えれば、組織には必要な人材であるわけで
壁を作ったことで自分は損をしているような感覚に陥る。



自分が壁を作ったら終わり。
それを肝に銘じて歩み寄ってみよう。

いつの日かそのコネクションがどこかで生きればいいね。
posted by N-4 at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

正しいことを追求したい



大事なことは「自分が何をやりたいのか」だ。
次には当然「そこにやりたい仕事があるかどうか」だ。
そしてそれをやることが出来るかどうかということ。


何が嫌かって政治的な力が蠢いている関係。


重要なことは「何が正しい」であって然るべき。
「誰が正しい」が通るのは政治的な組織・関係。
それに近いのが現状だから窮屈過ぎて堪らない。


組織論で言えばどれも正しかったり、難しかったりするけど、
縦割り組織の弊害として、各事業体が利己的に活動するため
無意味、無駄ともいえる施策を生み続けてしまうこと。
力のある人間がその立場を利用して「誰が正しい」で
あれこれやってしまうことに一因があるはずだし、
その結果そこに居る人間として歪に苛まれていく。



自分は「何が正しい」を追求したい。
正しいことというのは現場で起こっている事実が与えてくれる
数字であったり、顧客の声にあるはず。
それから逸脱するものはツマラナイ輩の単なる傲慢に過ぎない。


posted by N-4 at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

恋愛対象と結婚対象



いろんな考え方があるし、どれも共感できなくはないけれど、
自分の価値観としてこれは“等しい”。

別として考えられはしない。
先が描けるから付き合える。
不確定要素が大きすぎるから実現性なんて明確にいえないけれど、
将来も共に歩みたいと思えるか否かは重要。

一緒にいて楽だから。
お金を持っているから。
惰性で他に好きな人もいないから。
別れるのがかわいそうだから。

こんなネガティブ思考ではツマラナイ、人生が。
いつまでもいたいからこその「イコール」。

要は将来(先)があっての現状(今)だと。

posted by N-4 at 09:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

北国は寒い


今日は出張で函館へ。

実は北海道へ行ったのはこれが初めて。
感慨深かった、その寒さで。

自宅を出たときは暖かかったのに、
さすが雪国だと感じた。


用事を済ませた後は飛行機に乗るまで時間があったので
五稜郭をふらっと立ち寄り、函館駅付近を散策し市場で食事。

20070306113600.jpg

200703061238000.jpg

わずか数時間の滞在だったけれど、
ここが好みの街だということはよくわかった。


今度は夜景を見るためにもゆっくり観光で来よう。
posted by N-4 at 22:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

やりがい感じる時間



本日も所用により学生と懇談。
しかも、3名とね。



で、今日はとてもいい懇談だった。

考えが明確ではないものの、どうにかしようという意欲、
前向きな姿勢や熱意を真っ直ぐにぶつけられた。

そう来られたら何とかいいところを引き出したくなるわけ。
頭フル回転して一緒に考えてあげました。



言わんとすることの視点を変えて、切口を変えることと、
新たな考え方などを示唆してあげた。



まぁ、その後の反応ときたら。
とても喜ばれて「ありがとうございました」を連呼され、
最後には「一緒に仕事したくなりました」だって。

とてもスッキリしたようで、また力が漲るのを感じた。
帰社したらお礼メールまでもいただいて。


こちらとしても時間を割いただけの甲斐があった。
あれだけ感謝されると嬉しいね。

そして彼等が今後うまくいったら更に嬉しいね。
posted by N-4 at 23:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

まるで昔の自分を見ているようだ



現在就職活動戦線真っ只中の学生と縁あって知り合い、
就活の相談や、履歴書、エントリーシートの添削をすることに。

とても好印象の人柄だったため、こちらとしても
少しでも手助けできればという想いから始めてみた。


まずは自己PRをいいものにすべく、自分の経験を深堀させてます。

一度試しに書類を見ては見ましたが・・・

笑っちゃうぐらいに以前の自分に似ている。
似ているというのは、言いたいことが整理できてない。
経験を深堀しているようで、実のところまだまだ表層的過ぎ。

もっと1つの経験を多面的に掘り返さないと
本当の自分を訴えかけられないんだよね。



行動により生まれた結果はいいことに越したことはないけれど、
実のところ程度の問題ではなく、どんなことを考えているか?
つまり人の本質を見定められると思っています。

だから、あなたはどんな人?と聞かれた際に
「う〜ん・・・」と押し黙ってしまってはまだ甘いと。
スッと返せるレベルに到達して初めて自己分析、と思います。


その学生にはこれまでの経験をもっと多面的に分析するよう
考え方を示唆してみました。
きっとブラッシュアップされてくることと期待してます。

そこまで自分を掘り下げてあれば、
あとは論理展開など表現のテクニックを駆使して
加工することは容易です。
実のところここも案外重要です。
素晴らしい経験も当たり障りない表現に終始すると
読んでて一般論のように捉えかねなかったり、
印象度という意味で弱くうつることがあるからです。

もちろん、嘘を書いたりすることはいけません。
でも、モノは言いようというか、どう言葉で表現するかは
人とコミュニケーションする上で欠かせない要素です。



それにしても、こうして人に教えるといったらなんですが、
自分の経験などを示唆した結果、その人に影響を与えられる
場を持てたことは久方ぶりで、且つチャレンジです。

いい結果がでるといいな。
そして、成果がでれば自分にとっても喜ばしいことだし、
とにかく自分が嬉しいと感じる瞬間であること間違いなしです。
posted by N-4 at 21:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレゼント




彼女お手製のフォカッチャ。

パン、お菓子など作ることが趣味だそうで、
こうしてお裾分けをしてくれる。

パン生地もふかふかの食感で、
塩とのバランスも絶妙でとてもおいしかった。
オリーブもいいアクセントでした。

tHJb`2.JPG

ご馳走様でした。
posted by N-4 at 09:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポカポカ陽気



休日には珍しく早起きを敢行。

暖かく、日差しも気持ちいいので、
布団を干して、公園を軽く散歩。

暖冬の影響で寒さに悩むことが少ない今季。
地球温暖化の影響を考えるといいことばかりではないけれど、
今日という日はとても心地よく始まりました。

さて、何をしようかな。

では、Have a nice day!!
posted by N-4 at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

欲求不満



今のままでは確実にダメになる。
組織にも、周囲の人間にも期待が持てない。
そもそも期待すること自体がおかしいかもしれないけれど。
今日もヤル気が凄まじく萎える一幕があった。


でも、これも結局は自分の問題だ。
それほどイヤなら辞めればいいんだし、
次の道を歩もうとすれば行けなくはないのだから。


ただ、共に仕事をする仲間がいる。
そして、これまで幾多の案件をこなしてきたけれど、
まだまだ大きな達成感を得るまでには至っていない。
それを達成するまでは中途半端になるから別の道は模索しない。


一生懸命頑張っている人、なんとか乗り越えようとしている人が
いるから、その仲間を信じて共に頑張っていこう。


社会人として数年が経ち、やはり今後のキャリアには悩む。
仕事を始めてからずっと考えているような気がする。
今年は勝負の年にする。
自分自身のケジメをつけるためにも。

まぁ、ムカつくことは多々あるけれど、辛抱は必要。
詰まるところ、環境は程度を決めるだけであって、
何をするか、何をすべきか、何をしたいのかは
自分が決めることなんだよね。
posted by N-4 at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。