2008年08月16日

ZED (CIRQUE DU SOLEIL)




東京・舞浜の東京ディズニー・リゾートに新たにできた
CIRQUE DU SOLEIL Theaterで「ZED」を観賞してきました。


CIRQUE DU SOLEIL 1.jpg


正式なオープン自体は2008.10.1ですが、
トライアウト公演と称して、若干の割引価格で
観賞する事ができました。

このCIRQUE DU SOLEILには本当に魅了されていて、
新しい演目が定期的に日本で行われますが、
ここ最近は毎回のように見に行っています。


以前LAS VEGASに行ったときには
条件が合わずに見られなかったけれど、
いずれは「O」や「KA」を見に行きたい。


話は戻って、日本にやってくる演目は
世界中を興行している一環に過ぎないのですが、
今回舞浜で新しくオープンするTheaterで始まる「ZED」は
世界中でここだけでしか見られない新しい演目。

その内容は…


見てのお楽しみということにしておくので
詳細は控えることにしますが、
演目自体は本当に彼等の素晴らしさが凝縮されていて、
終始引き込まれるものでした。


最も凄かったのが一本のロープ上で
繰り広げられるパフォーマンス。

驚きの声に留まらず、悲鳴が上がるほどの強烈で
まさに圧巻の一言でした。
思わず「うわっ!」という声が出ます。


それ以外にも、やはり彼等のよさは音楽自体が
生演奏で臨場感がたまらない、
そして歌唱力抜群の歌手とともに舞台で行われる
あのパフォーマンスがいいです。


それから舞台自体も特設のものではなく
今回晴れて専用のTheaterができたことで
席もゆったりで見やすく、いい環境になってます。


今回座ったのは前から12列目で
真中のクラスのものでしたが、
最上のクラスとは違い全体を俯瞰するには
もってこいだったので、これも楽しめた要素です。


若干不満を覚えたのは演目ではなく運営に。
会場時間にTheaterに入ることはできましたが、
観賞席に入る施設内の扉は開演15分前ぐらいまで
開かなかったので場内で人ごみができる始末。

そして彼等の公演はいつも休憩を挟みますが、
原宿の特設劇場とは異なり、アナウンスなどの周知がなく
終わりが何時までかわからないし、休憩時間も何分間で
何時に再開かがわからないので非常に過ごしにくい
休憩時間でした(案の定30分程度でしたが)。


まぁ、トライアウト公演であるから
本番になったら変わることを期待しています。

トライアウトとはいえ演目自体も、パフォーマーの
動きの連動性にずれが2、3回見られる部分がありましたが
特にそれも気にならないレベルで、まさに彼等の質の高さと
ストーリー性のあるエンターテイメントがこれでもか?と
いうほど詰まった素晴らしい作品だと思いました。

彼女と一緒に見に行きましたが、彼女は
「これまで見た作品で一番良かった」と絶賛していました。

ちなみにカーテンコールでは拍手の雨でしたが、
そこで一番驚いた光景が見られました。
それはアメリカではなくこの日本でなんと
スタンディングオベーションが起きました。

これには本当に驚かされました。
確かに衝動としてそのぐらいの感動がありましたが
まさかそれを自然発生的に日本人がするとは...



一度も見たことがない人も、ファンの人も
見るだけの価値がある素晴らしいショーだと思います。

CIRQUE DU SOLEIL 2.jpg


ラベル:Cirque du Soleil ZED
posted by N-4 at 23:44| 東京 🌁| Comment(32) | TrackBack(6) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

夏休み…



来週からお盆が始まることもあり、
夏休みを取る社員が我が社でも散見されてきた。

毎年9月には連休を取って旅行に行ったりと
色々と出かけるのが恒例になっているけれど、
今年は…


はっきりいってそんな余裕なし。
仕事が多すぎるし、どれも佳境。


夏休みと同時に年休も消化しなければいけないが、
もう取れる見込みもなし。
もちろん、ポッと1日を休むことはできないわけではないが、
連休を取るのは非常に厳しい。

仕事は止まらない、
でも、上司からは休めといわれる。


さぁ、どうしたものか…
案件以上に悩ましい問題です。
posted by N-4 at 23:53| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

「1分間マネジャー」 書籍






7月になり、今年も新入社員が各部署へ配属となった。
昨年に引き続き、今年もウチの担当へ一人新人が加わった。
僭越ながら、自分はトレーナーという役割を与えられた。

弊社ではこのトレーナー制度は昨年から始まった。
自分が入社したときにはなかった制度ではあるため、
「そこまで手厚くしてやるものなのか?」などと、
会社の方針とはいえその制度に当初過保護さを感じてはいたが、
冷静に考えてみれば、その考え方自体には賛同できる。



では、自分はどう望むのか?

考えはあるものの、なかなかまとまりがつかないため
引き出しも増やす意味で上記の書籍を読んでみた。

当たり前といってしまえばそれまでではあるが、
これに書かれていることは基本的なことばかりである。
物語調で話が展開され内容もわかりやすいものとなっている。

ノウハウ・ドゥハウ本ではないから、
答えを求めて読む人には物足りなさがあるかもしれないが、
あくまで基本的なスタンスを示唆してくれているため
本質を掴んでしまえば個人で応用が利かせられると思う。



特に印象に残ったことは2つあって、
まずは人の育成を子供の成長に例えた考え方。

「子供に歩き方を教える時、子供を立たせて『歩け』と
命令するだろうか?
また、転んだ時に、抱き上げて尻を叩き、
『歩けと言ったのに』なんていうだろうか?
 そんな事はしない。まず子供を立たせるが、最初の日は
少しふらつく。するとわれわれは、すっかり興奮してしまって、
『立ったぞ、立ったぞ』と言い、子供をぎゅっと抱きしめて
キスをする。
次の日子供はちょっとの間立って、よちよち一、二歩歩くかも
しれない。すると子供のところに駆け寄って、キスをするやら、
だいてやるやら・・・と言う事になる。」というもの。

もう1つは、本編外に書かれている山本五十六艦長の言葉で、
「して見せて、言って聞かせて、させてみて
 ほめてやらねば、人は動かぬ」という至言は
人使いの極意を的確に表している。


これを適宜、適切に使い分けることの重要性は認識できた。
あとはいかに実践するか?を考えないと。

業務をする上でのあらゆる答えはこちらが持っていて、
新人たちは持ち合わせていないことが当たり前なのに
委任型の指示をしてしまってはどうしようもないのだから。

まっさらな新人には子供に接するように、
1から教えてあげる環境が必要だと再認識できました。
明日から早速実践してみよう。
posted by N-4 at 22:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

心動かされ…


2年前に遡るが、仕事を通じて出会い
たった数日の接触だったにも関わらず、
多大なる刺激をもたらしてくれた人物。

その人と今日まさかの再会。

一言一句に感銘を受ける。
たった数年、自分よりも先に生まれたその人に。


色々と話を聞きつつも、
自分がなぜこんなにも惹かれるかを考えていた。


その理由としては2点。

経験談に対する親近感がまず1つ。
これまでぶつかってきた壁、その壁が遠い出来事ではなく
明日にも自分も同じ事象に出会いそうな近さで、
そこで悩んだことというのがとても共感できるから。
もちろん、その壁に対する行動も素晴らしい。

2つめとしては、表現力が的確であること。
漠然と抱いていたことや、こうあるべきことというものを
見事なまでに言葉として発して諭してくれるから。

過去の賢人たちが残した後世にまで語り継がれる語録が
数多くあるように、時代が変わろうとも人々に対して
本質を見事に具現化した言葉だからだと思います。

そう、日常的に身の回りで起こりうる事象の
あらゆる点を見事なまでに表現できるからこそ
その一言一言が身に染みてくるのだと。

そして、心が動かされた自分に気がつく。


こんな風になってみたいと思う自分と、
負けたくない、勝ちたいと思う自分に。


今すぐにでも自分にできることは、
考えて、考え抜いて日々取り組むことだと
改めて思いました。
posted by N-4 at 00:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

学べることはいくらでもある




ウチの会社ではいよいよ来月から新入社員が配属になる。
そして、自分の担当にも新顔が新たに加わる。
それに伴って、自分はトレーナーをすることに。
平たく言えば、要は新人の教育係。

今の業務量を抱えつつ、更に新人の面倒を見ることは
非常に負荷がかかるけれども、これもいいチャンス。


誰かを教育する過程では学べることは多いはず。
だからこれも新たなチャレンジとして取り組もう。

専門知識の復習になるとか、理解しているようで
その実していなかった盲点にも気づけるだろう。

別の観点では、アメとムチの使い分けだとか、
心理を探る力だとか、自分の現在のレベルがわかるはず。
あとは育てる楽しみもあるはずだしね。



同じ事象に出くわしたときに、ただ面倒くさいと感じて
なんとなく取り組んでしまうのか、それとも何か得られる
ものがあるだとうと期待して取り組むのか、
取り組む以前には差はない。

ほんの少しのモノの見方、
スタンスにしか差はないけれど、
一定期間過ぎたときに、
自分の糧になっているものの差は凄く大きくなると思う。
posted by N-4 at 23:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

会議のあり方



仕事では毎日、何かしらの案件の会議に呼ばれる。
相談ごとに始まり、方針策定だったり、
情報共有だったり、内容は多種多様。

最も多いのが各担当の進捗を共有する会議。
営業対応の状況、構築部門の進捗、そして表面化した
課題とその打ち手を検討することが主となる。
この手の会議は案件が変わるだけで、実質やることはどれも一緒。

ハッキリいって時間ばかり取られて仕方ない。
会議というのは、基本的には実務(作業)は何も進まない。
単に、意識あわせに終始するのが大半だ(うちの会社の場合)。

やっていること自体は何も否定しない。
その必要性は重々承知しているから。

でも、毎日数時間も会議に時間を浪費するのは迷惑だ。
みんなで集まって、主管から各担当へ「あれはどうなった?」だの
「こんな場合はどうだ?」だの1から始めないでいただきたい。



今日考えたのは、主管が全て事前に情報を確認しておいて、
それを資料1枚にでもまとめて、「今ここまで進んでます」って
情報を共有してもらって、あとは課題があればそれを
各担当から進言してもらえばいい。
そうすりゃ、1時間を15分でも30分にでも短縮できるはず。



あとは腰を下ろさずに、立ちっぱなしで必要なことだけを
伝え合うスタイルを取っても時間は節約できるはず。

会議は必要だが、何人もの人を呼び集め、
時間を掛けるのは想像以上のコストが掛かっていることを
意識した行動を是非していきたいし、周囲にも要求する。



posted by N-4 at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

更なる飛躍を!



部長、課長からのフィードバック面談。
内容は昨年度下期の業績に対する評価。

去年末頃から今の仕事に変わったから
半期まるまる同じ仕事をしたわけではなかったけれど、
驚き半分、そして納得の高評価!

思わずニンマリしそうになった。
どうやら同じ職級の人数は多い激戦区だったらしいけど、
これまでのハードワークが報われたらしい。


部長からも「思った以上のアウトプットを出してくれて、
人事査定時も君の頑張りを周囲に大いにアピールできた」との
非常にありがたきお言葉を頂戴した。

今期ももう半分を迎えようとしているけれど、
前期以上の仕事量をこなしていると自負できる。

この調子で頑張って、年末にもこの快感を
また味わえるように頑張ろう。
モチベーションもかなり高い。


但し、今後は管理者たちには既に
「彼ならばこれぐらいはできる」という尺度が
確立されてしまったはずなので、これまでと同様では
きっとダメだと想像できる。

一定の物差しを超えたパフォーマンスを出さないと、
一度芽生えた期待感を超えることはできないからね。

常に向上し続けること、
これを意識して毎日を頑張ろう。
posted by N-4 at 23:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

やり遂げた


今月はとにかく仕事に追われていた。

あれこれくる相談。
複数の案件を同時並行するため、
必然と案件の数だけ打ち合わせに駆り出される。

それ以外にも検討することが盛りだくさん。

正直、こなすのがきつい...
そんなことを日々感じていたけれど、
今日管理者たちへ案件の審議を伺い、
無事に了承を得た。
今月は審議事項だけで3件。


いやいや、本当に働いた。

これで背負っていたものが多少は軽くなった。
やることはまだまだたくさんあるけれど
今日解消できた案件よりは軽いものばかりだから、
来週は数をこなしていこう。


今週末はとにかくゆっくり休む。
そして思いっきり遊ぼう。
posted by N-4 at 23:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

褒め殺し


営業の多くの人に褒められた。

・資料が見やすく、わかりやすい
・説明が丁寧
・頼りになる

などなど。


今日一日だけでそれぞれ別の人からいただいた、
ありがたきお言葉の数々。

人が打ち合わせ中にも関わらず、
強引に呼び出しを掛けてきた部長がいたが、
案件についてあれこれ質問、考えをぶつけてくるけど
こちらが別の解を諭すときちんと納得してくれる。

それなりに力をつけてきたってことだと思いたい。




それにしても忙しい人というのは、
いつまでたっても忙しくはならない。
周りから頼られるからこそ、あれこれと
次々に仕事を持ちかけられる。

自分がこれまで色々な人を見てきたが、
仕事ができる人というのは例に漏れず同僚から
信頼を得ていて、だからこそ仕事を抱えて忙しくなる。
そのサイクルは決して途切れることはないが、
それでもやり抜くからこそできる人なんだと思います。


そういう意味でいうと、仕事ができているかは
自己評価しづらいが、課長をはじめ何かと仕事を持ちかけられ、
別の部署からも次々と仕事を持ちかけられる。

同じ担当には他にも人がいるにも関わらず。

この状況から考察するに、自分もイイ線いっている…
かもしれない。


明日も頑張ろう。
posted by N-4 at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

BLUE MAN GROUP最高でした

待ちに待った講演。
「BLUE MAN GROUP」を見に行ってきました。

20080429114509.jpg


STOMPなどと同様のオフ・ブロードウェイの作品。
その名のとおり、顔を真っ青にしたパフォーマー3人が
リズムに乗りながらドラミングしたり、無言でシニカルな
パフォーマンスを披露してくれました。

20080429134144.jpg


タムだけでなく、楽器に仕立てた配水管を思わせるパイプや
ドラム缶を加工したドラムを叩く。
彼らの叩くそのリズムはとても高揚します。

そして、ゲストをステージに招き
いたずら、ボケなどなど色々みせてくれます。

エンターテイメント性の高い素晴らしいショーでした。
あっという間の100分間です。



ちなみに遅刻すると大変です。
ショーの節目まで入室できなくなるみたいだし、
何より全観衆から注目を浴びることに・・・

ま、それは行ってみてのお楽しみです。
一見の価値あり、です。

ラベル:Blue Man Group
posted by N-4 at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。